家庭用脱毛器を購入するにあたって

このページでは、実際に家庭用脱毛器を購入するにあたって、チェックしておきたい項目を2ページにわたってご紹介します。
●消耗品について(ランニングコスト)家庭用脱毛器の多くは、本体とは別にカートリッジが必要になります。
そのため、本体を購入したらずっと使い続けられるわけではありません。
また、カートリッジは決して安くありませんので、ランニングコスト(使用することで発生するコスト)が1回あたりいくらになるかという計算はあらかじめしておく必要があるでしょう。
いくら本体が安くてもカートリッジが高価な場合もあるので、製品自体をよく調べておくことも重要です。
さらに、定期的にカートリッジをメーカーから送ってくるというパターンもあるので、定期購入をしたくないという方も製品の勉強をあらかじめしておきましょう。
●脱毛部位に合わせた製品選び家庭用脱毛器を購入する人それぞれ、使用したい部位が異なることと思います。
基本的に、家庭用脱毛器は全身のほとんどの部位に処理をほどこすことが可能です。
ただし、目や口の周りといった皮膚が薄い部分、デリケートゾーンなどは処理できる機器と処理できない危機があります。
全身脱毛を考えているという方には、照射範囲の狭い機器を選んだらよいでしょう。
特定の部位を脱毛したいという方には、ムラのない脱毛ができるフラッシュ脱毛器がおすすめと言われています。